セミナー参加★「犬の攻撃行動へのアプローチ」

すっかりブログの更新をしておりませんでした💦

貯めてたネタをこれから小出しにして行こうと思います😁



昨日と今日の2日間、一般社団法人the VOICEさん主催のオンラインセミナーに参加しました。

マイケル・シカシオに学ぶ「犬の攻撃行動へのアプローチ」

とても素晴らしいセミナーでした。




■マイケル・シカシオ PROFILE

マイケルは、正の強化を用いたアプローチで犬の攻撃行動の修正を得意とし、何千頭という犬と飼い主へのコンサルテーションを提供してきました。また、プロのトレーナーたちへのオンラインレクチャーを行い、絶大な信頼と評判を得ている素晴らしいトレーナーです。

世界でわずか200人しかいないIAABC(国際動物行動コンサルタント協会)認定、犬の行動コンサルタントの1人です。



犬の攻撃行動と言っても、対人間・対犬・対物など様々ですよね。

それぞれの攻撃行動に対して、どういうアプローチで改善していくのがいいのか

トレーナーとしてのプランニング方法や豊富なケーススタディで

とてもわかりやすく勉強させていただきました✐


例えば、犬同士がケンカをはじめてしまったら、

どうやってとめたらいいのかわかりますか?


●●ちゃん、ダメ!と大声で叫んで、リードを引っ張る?

首輪やハーネスを掴んで引き離す?

犬との間に脚を入れる?

水をかける?


どれも違います(;゚Д゚)

まぁ、水をかけるは有ですが、効果的な掛け方があったりします。


どんなケンカの仕方かによっても

止め方・引き離し方がかわるのだそうです。

そうですよね。

思いっきり噛みついているのに、力任せに引き離したら大怪我🤕になってしまいますもん。


ただし、どんなケンカだったとしても、

自分の手や脚を差し出してはいけません!!!!!⚠


一番は、犬のボディランゲージを見て、

ケンカを避けられることですよね。


シーザー・ミランの番組を見ていた時に、「いまケンカになりますよ!」というシーザーの観察眼を凄いなぁと思ったことを思い出しました。


奥深いボディランゲージ。

もっともっと観察眼を養わなければ。


閲覧数:19回

最新記事

すべて表示